Blog

2013 6月創美展in帝国ホテル

今回は、毎年帝国ホテルの孔雀の間で行われている宝石のイベントをご紹介させて頂きます。今回テーマは「ヨーロッパの風に誘われて」というテーマで行われていました。16世紀の初めにヨーロッパ人が初めてインドに到着する以前にもヨーロッパと東アジアの貿易は盛んに行われていたそうです。水の都、ベネチアは西ヨーロッパで最も主要な商業都市として発展してダイヤモンド取引を独占することとなったそうです。そこで、今年はダイヤモンドは日本に紹介されて250年を迎えたということで日本のダイヤモンド史について紹介されていました。

photo:01


明治維新の文明開化と共に宝石・装身具文化は明治初期に上流階級に広まって、廃刀令によって刀装具の職人の多くが指輪や帯留め制作に活路を求めたことも装飾品としてのダイヤモンドの普及に繋がったものとされているようです。「監修:日本宝飾クラフト学院」

photo:02


こちらは当時の帯留めだそうで展示されていました。貴重なものですよね。会場は、オープン時からたくさんの人で賑わっていました。

photo:03


photo:04


ピアノ、ファゴットの生演奏の中、素晴らしい宝石と雰囲気で多くの方が楽しんでいました。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.