Blog

重要無形文化財保持者 山田貢の東京友禅のきもの

今回は、2013きものナンバーワンのテーマでもあります重要無形文化財保持者の山田貢さんの作品をご紹介させていただきます。

photo:01


こちらの作品は、今回のポスターにも掲載されている作品です。こちらのテーマは「麦」というタイトルがつけられています。技法は糯糊点連線糸目(もちのりてんれんせんいとめ)友禅とされ平成10年、第45回日本伝統工芸展出品作品にもなっている作品です。

photo:02


こちらの商品は、「黄映」というタイトルの商品です。糯糊点連線糸目友禅という技法で作品が作られています。作品の特徴として山田貢さんは、師・中村勝馬(人間国宝)の流れを汲む東京友禅の代表的作家です。本糊糸目、タタキ技法など独自の手法と作風により、本格的な作品の制作に努力されています。この作品は、重要無形文化財に指定された年に日本工芸会に出品されたもので、本糊糸目の微妙なタッチ、深みのある単彩な色使い等は山田貢の代表作と言えるもので、夕焼けの浜の感じを表現した作品です。

photo:03


こちらの作品は、「磯」というタイトルの作品で、昭和58年、第30回日本伝統工芸展出品された作品です。山田貢さんは、すでにお亡くなりになっていますし、3点とも非売品の作品です。非常に貴重な作品になっております。この着物は、きものナンバーワンに展示されております。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.