Blog

重要無形文化財保持者のきもの

今回は、重要無形文化財保持者のきものについて書きたいと思います。こちらは、北村武資さんの袋帯です。

photo:01


北村武資さんは、羅と経錦で保持者となっております。こちらは、森口邦彦さんの訪問着です。

photo:02


森口邦彦さんは、蒔糊(まきのり)友禅が作品の特徴で幾何学的な模様が作風に表現されております。常にきものを着た姿、動く姿を念頭において制作されております。父森口華弘さんとお二人で保持者となられております。こちらは、福田喜重さんの訪問着です。

photo:03


福田喜重さんは、染め・刺繍・すり箔の三つの技法を駆使して、繊細な刺繍の総合芸術を目指して制作されておられます。刺繍において保持者となられております。こちらは、福田喜重さんの作品に使われている糸や針です。

photo:04


photo:05


photo:06


こちらは、細見華岳さんの綴帯です。

photo:07


細見華岳さんは、綴れで保持者となっております。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.