Blog

『びしん館』 素材にこだわった無地感覚の着物

今回は、東京きもの越谷店の御礼祭に陳列されている『びしん館』という着物のコーナーを紹介させて頂きます。

photo:01


photo:02


こちらの商品は、『美しさをもとめて』という創作テーマを元にきものが輝くのではなく、着ている人自身が輝けるようなきもの作りを基本的な概念として掲げられています。女性を美しくさせるのはどのような色なのか、着物と帯、帯〆と帯揚げのコーディネートでどのように変化するのか等、女性がいつまでもきものファンでいて頂けるように制作しているきものです。生紬無地着尺

photo:05


玉繭の手引き座繰り糸を使用してシャリ感のある風合いとほかの生地では表現出来ない光沢のある独特の色彩できもの通の方に喜ばれています。お召染小紋

photo:03


photo:04


こちらは、お召ですが、シボある織り方で塩沢紬のような感覚の生地です。古代一珍染の袋帯

photo:06


小麦粉に石灰やふのりを混ぜて水に溶けにくくした一珍糊(防染糊)をろうけつ染めのようにヒビ割れを表現して染められた袋帯です。このような素材にも柄行きにもこだわりを持ったコーナーです。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.