Blog

首里織

 今回は、首里織について書きたいと思います。

首里織は、沖縄が昔、琉球王国であった時代の王府・首里で織られました。上流階級の衣料として発展してきた織物の総称です。

中国や東南アジアの影響を受けて洗練された意匠と多彩な技法を持つことに特徴があります。

紋織や絣があり、首里花織、首里道屯(ろーとん)織、首里花倉織などが代表的です。
きものや帯として作られているものは、絹糸で織られた花織がほとんどで光沢や洗練された雰囲気が特徴です。

photo:01

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.