Blog

郡上紬

今回は、非常に珍しい郡上紬をご紹介させて頂きます。

photo:01


photo:02


photo:03


こちらは、岐阜県が産地の郡上紬です。最近ではなかなか見られない貴重な紬です。郡上紬は、昭和22年ごろからこの地に伝わる紬を故宗廣力三氏が地域の人たちと織り始めて風格のある紬として有名になっております。郡上紬は昔通りに高機で手織りして、草木染めで糸を染めて作られています。糸は、郡上紬だけの特色であるインド原産の野蚕糸や玉糸を使っていて、この糸は絹とウールを混ぜたような味わいがあるので、ふっくらした風合いになっています。柄は、縞や格子、ぼかしの他に斬新な配色の幾何学模様もあります。比較的趣味性の高いものが織られています。

photo:04


商品の特徴として、着物は同じパターンで出来た柄の繰り返しで出来ていますが、こちらは同じパターンの繰り返しでも手作り感があるため、微妙に色の強弱や若干の違いがあるところが特徴的です。現在では、月に2~3反の生産とも聞いている貴重な紬です。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.