Blog

越後上布(えちごじょうふ)

今回は、越後上布について書きたいと思います。

photo:01


photo:02


photo:03


越後上布は、新潟県南魚沼市(旧塩沢町・六日町)に古くから伝わる平織の麻織物です。
盛夏用の高級着尺地で、麻織物の最上級品として有名です。

柄は絣や縞が主で、ごく薄手でシャリ感のある地風が特徴です。
精緻な仕事のなかに漂う気品のある素朴さが魅力です。

糸は、まず苧麻(ちょま)を爪で裂き、口に含みながらつないでいきますが、細く均一な糸を作るのは大変な作業で、一反分の糸を績むのに3ヶ月以上かかります。
細くてデリケートな糸は、昔ながらの地機で手織りして3ヶ月以上かけて織り上げます。
織り上がった布は水洗い後、雪の上に布を広げてさらします。

この雪ざらしは、越後上布独特の方法で、色目が落ち着き、白はより白くなる効果があります。また、越後上布の古来からの伝統技法は、国の重要無形文化財に指定されています。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.