Blog

読谷山花織(よみたんざんはなおり)

今回は、読谷山花織について書きたいと思います。

読谷山花織は、沖縄本島にある読谷(よみたん)村で織られる花織の紬織物です。

photo:01


photo:02


首里花織に比べ色や柄、技法にも南方色が強く見られます。

紺や色地に白、赤、黄、緑、紫、藍などで絣を併用して花のような幾何学模様を浮き織にします。
布の裏柄に糸が渡り、厚手なのも特徴です。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.