Blog

芭蕉布(ばしょうふ)

おはようございます。

今回は、芭蕉布について書きたいと思います。

芭蕉布は、沖縄に産する糸芭蕉(いとばしょう)の繊維から採った糸で織った布です。

布地は軽く張りがあり、通気性がよいので、夏のきものに最適の織物です。

芭蕉布は、沖縄のなかで一番古い織物とされております。かつては沖縄全土で生産されていましたが、近年は少なくなりました。
わずかに沖縄本島の大宜味村(おおぎみそん)の喜奴嘉(きじょか)を中心に織り継がれており、『喜奴嘉の芭蕉布』は国の重要無形文化財に指定されています。

photo:01


photo:02


約3年かけて成長した糸芭蕉の茎から繊維を取り出して結びつなげて糸を績みますが、一反を織るのに200本の糸芭蕉が必要です。
染料には、藍色に染まる琉球藍や茶褐色に染まる車輪梅という植物染料が用いられています。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.