Blog

本場奄美大島紬協同組合を訪れました

今回は、本場奄美大島紬協同組合に行って来た様子を紹介させて頂きます。

photo:01


現在の大島紬の産地の様子を理事長様にお話を聞かせて頂きました。全盛期は、年間に28万反生産していた大島紬も現在では、7000反になってしまっているようです。景気の影響もありますが、きもの離れの影響もあると思います。日本の伝統文化、産地の生産技術を守って行くためにもきもの振興に協力していかなければならないと強く感じました。この建物の中には資料館があり、貴重なものが展示されておりました。

photo:02


photo:03


photo:04


photo:05


奄美大島紬のシンボルです。

photo:06


東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.