Blog

宮古上布(みやこじょうふ)

おはようございます。

 今回は、宮古上布について書きたいと思います。

宮古上布は、沖縄の宮古島で織られる麻織物です。
繊細な地風と精緻な絣柄などが特徴です。

photo:01


photo:02


photo:03


photo:04


photo:05


photo:06


苧麻(ちょま)の手績み(てうみ)糸を用いて植物染料で絣糸を染めて手織りして仕上げに木槌で布を叩く砧(きぬた)打ちをします。

このことでロウを引いたような独特の光沢感と軽く薄い地風が生まれます。

国の重要無形文化財に指定されています。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.