Blog

大島紬の泥染め体験

今回は、大島紬の泥染め体験について書きたいと思います。今回の泥染め体験は、奄美大島にて体験させて頂きました。ハンカチを輪ゴムで絞ることにより、防染されて白く残り柄をだすことができます。

photo:01


ハンカチを輪ゴムで絞ったら、テーチ木の汁につけて染めます。このとき、あまり強く揉まずにやさしく揉みながら染めるのがコツだそうです。仕上がりが変わってくるようです。 その次に、石灰の液につけて中和させます。これは、テーチ木が酸性のために石灰で中和させるそうです。この作業を何回か繰り返して今度は、泥染めをします。  テーチ木のタンニンと泥染めの鉄分が化学反応して黒色になります。こちらが職人さんの手です。手に職人さんの仕事の大変さが出ていますね。

photo:02


輪ゴムをはずし、乾かしたものです。こちらは、体験で出来上がったものですが、濃い黒色にするにはこの作業を何回も繰り返し染めなければなりません。大変な作業です。

photo:03


東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.