Blog

十日町絣(とおかまちがすり)

 今回は、十日町絣について書きたいと思います。

十日町絣は、新潟県十日町市を中心に生産されている先染めの絹織物です。
十日町紬とも呼ばれております。

経絣(たてがすり)、緯絣(よこがすり)などの技術を用いた繊細で緻密な柄が特徴です。縞(しま)、格子(こうし)、伝統的な柄から現代的な柄まで、多様な色柄の織物を生産しています。

十日町は江戸時代から麻織物の産地として知られていました。幕末以降は絹織物が中心になり、明治時代に明石縮(あかしちぢみ)が作られて全国で有名になりました。現代でもきものの一大産地で織物だけでなく友禅染めの産地としても知られています。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.