Blog

十日町明石縮(とおかまちあかしちぢみ)

おはようございます。

今回は、十日町明石縮について書きたいと思います。

十日町明石縮は、新潟県十日町市で生産される盛夏用の高級絹縮です。
昔、兵庫県明石地方で生産されたのでこの名があります。

かつては『セミの羽』に例えられたほど薄地で張りのある布地で清涼感のある肌触りが特徴です。

柄は矢絣などの絣柄や縞柄がよく見られます。

明治時代に作られるようになり、大正初期には爆発的な人気があったようです。戦後、生産は減少したそうですが、涼感とクラシカルな雰囲気が好まれ、きもの通には根強い人気があります。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.