Blog

八重山上布(やえやまじょうふ)

 今回は、八重山上布について書きたいと思います。

八重山上布は、沖縄の琉球諸島の西部、八重山諸島の石垣島などで作られる麻織物の総称です。

海中に浸して色止めをする海晒しや杵で布を叩いて光沢や風合いを出す杵叩きをして作ります。

紅露(くーる)という植物染料を用いて摺り込みます。白地に赤褐色の茶絣上布で知られましたが、現在は藍染めなどの色上布も多く見られます。

こちらは、八重山上布の名古屋帯です。

photo:01

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.