Blog

備後絣(びんごがすり)

 今回は、備後絣について書きたいと思います。

備後絣は、広島県福山市、新市町一帯で生産される木綿絣です。

藍色の地にはっきりした絣模様が特徴です。

江戸末期にはじまり、明治時代には全国に出荷されました。
機械や化学染料も導入して安くて丈夫で鮮やかな色の絣が好まれて生産量が増えていました。

木綿絣の代表的なものとして知られますが、絣の需要の減少とともに生産も減っています。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.