Blog

京鹿の子絞り

おはようございます。

今回は、京鹿の子絞りについて書きたいと思います。

京鹿の子絞りは京都で製作された鹿の子絞りのことです。

染め上がった模様が、子鹿の背の斑点に似ているのでこの名があります。
代表的なのは疋田絞りで染め残りの四角の中に点が出るのが特徴です。

photo:01


他にも一目、帽子、傘巻きなど多彩な技法があります。

江戸時代には鹿の子の斑点模様に染め上げた絞り染めが全盛となり、幕府から禁止令が出て取り締まりの対象になったこともありました。

現在では、きもの、羽織、帯、帯揚げなどに使われております。
全体を絞りで埋めたものを総絞り、または総鹿の子と呼び、最高に贅沢なものとされています。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.