Blog

京友禅

 今回は、京友禅について書きたいと思います。

京都で生産される友禅染めのことです。
江戸期の元禄時代(1688~1704)に、扇に絵を描く絵師として人気が高かった宮崎友禅斎に始まると言われています。隣合う色が混じり合わないように糸目糊(いとめのり)を使って防染(ぼうせん)して模様を描き染めていきます。

現代でも模様染めの代表になっております。
京友禅で描かれる模様は、多色使いで花鳥風月などを優美にデザインするものも多く、金銀泊や刺繍もよく使われます。

たくさんの製作工程がありますが、染匠というプロデューサーのもとで、各分野ごとの専門職が分業制で仕上げています。

手で彩色する手描き友禅と型紙を使う型友禅があります。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.