Blog

与那国織(よなぐにおり)

 今回は、与那国織について書きたいと思います。

与那国織は、日本の最西端に位置する国境の島、与那国島で織られる織物の総称です。

数種類の織物がありますが、きものによく用いられるのは、格子縞の中に小さな花模様を表現した絹の与那国花織です。

緯糸(よこいと)・経糸(たていと)が組み合わさらずに浮く両面浮き織りで、表面は緯糸が裏面は経糸が浮いています。

ほどよい光沢感と整った趣で本土の紋織物のような味わいがあります。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.