Blog

ミンサー織

今回は、ミンサー織について書きたいと思います。

ミンサー織は、沖縄県の綿織物です。

ミンサーとは、木綿の細帯のことをさします。
畝(うね)のある厚手な地風と市松状に配した四つ玉、五つ玉といわれる絣柄と縞の組み合わせが特徴です。
竹富島周辺で織られる八重山ミンサーが代表的です。

古くは、女性から意中の男性に贈られたといいます。
現在では、男帯のほか、女物の半巾帯や袋名古屋帯に用いられております。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.