Blog

帯揚げ

今回は、帯揚げについて書きたいと思います。

帯揚げは、帯を結ぶときに帯枕の上にかぶせて前で帯の上端におさめて飾る小布のことです。

photo:01


近年は、帯結びの技術が進化して装飾性が強くなっています。

素材は、薄地の縮緬(ちりめん)、紋綸子(もんりんず)、合成繊維があります。

夏用には、絽(ろ)や紗(しゃ)があります。絞り、ぼかし染め、模様染め、無地などのほかに刺繍や金銀箔を施したものもあります。

photo:02


参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.