Blog

下駄

今回は、『下駄』について書きたいと思います。

下駄の歴史は古く古墳時代にまでさかのぼるといわれていますが、装飾的な広がりを見たのは江戸時代以降といわれています。

駒下駄、雨下駄、日和(ひより)下駄、右近(うこん)下駄など用途や形、地方によってさまざまな名称を冠した下駄があります。

昭和以降は、草履の発達により普段用や浴衣用に用途が狭められる傾向だったそうですが、最近は見直されて浴衣のときだけでなく、おしゃれ着に似合う下駄も増えています。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.