Blog

こどもの日、陣羽織(仁乃覇織)と兜

今回は、第一回越ヶ谷宿甲冑めぐりで東京きもの越谷店に飾られている陣羽織(仁乃覇織)と兜をご紹介させて頂きます。

photo:01


こちらの写真の両端に飾られているのが、陣羽織です。右にある赤い陣羽織は、60歳の還暦に着る時の陣羽織です。左にある紫色の陣羽織は、70歳の古希に着る時の陣羽織です。兜は、昭和45年のものです。

photo:04


photo:05


陣羽織は、男の第二の人生への出陣にふさわしい慶祝の衣裳です。人生をより長くより豊かに再スタートの気概を込めてお召し頂きます。人生の最大の祝儀として盛大にお祝いされてきた還暦は、本卦還りと言われるように自分の生まれた干支に戻ること、つまり赤ん坊に戻るという意味と赤には魔除けの意味があるということから、末長い長寿を祈って赤いちゃんちゃんこを家族や近親者が贈るならわしといわれています。こうした男の旅立ちに際して長寿や幸福を雄々しく切り開いていくには、人事万物ことごとく調和・発展を願った陣羽織が最高の衣裳です。日本の伝統が息づく慶祝の心を込めて作られた陣羽織で還暦を盛大に晴れやかにお祝い頂けたらと思います。第一回越ヶ谷宿甲冑めぐりを盛り上げるため飾らせて頂きました。

photo:02


街行く方にもご覧頂けました。最後に従業員さんと記念撮影です。

photo:03


東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.