Blog

重要無形文化財180亀甲の結城紬

今回は、重要無形文化財の180亀甲の結城紬をご紹介させて頂きます。

photo:01


こちらの結城紬は重要無形文化財の商品です。重要無形文化財のの定義としては、手紡ぎ、手括り、地機で織られている商品です。つまり、すべて手作業で作られた商品だということです。しかも、こちらの商品は、通常の結城紬には見られない色柄です。180亀甲とは、反物の端から端まで180個の亀甲柄が入るくらい絣が小さいということです。現在は、180亀甲の商品はほとんど作られていないようです。

photo:02


こちらの結城紬は、亀甲柄が波をうったように柄付されているのも珍しいと思います。こちらの結城紬を京都西陣の有名機屋の北尾さんの帯でコーディネートさせて頂きました。

photo:03


この結城紬にピッタリだと喜んで頂きました。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.