Blog

紺地の素描きの訪問着

今回は、紺地のロウ彩の素描きの訪問着をご紹介させていただきます。

photo:01


こちらの訪問着は、素描きで柄を描いています。素描きとは、生地に直接筆で風景画などを描いて柄を表現しているものです。こちらは、染料にロウが入っていているため染料のかすれ具合に特徴が出ています。遠目に見ると立体感があります。袋帯も銀糸が浮かび上がって見え、高級感があります。良い帯を付けると着物を引き立ててくれるので重要なアイテムになります。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.