Blog

衣紋(えもん)の抜き方

今回は、衣紋の抜き方について書きたいと思います。

衣紋の抜き方は、首の付け根から後ろの衿山まで手の指四本(こぶしひとつ分)が入るくらいあけるのが基本です。

横や後ろから見た場合、後ろ衿が極端に抜けていないよう気を配りましょう。

衣紋の抜き方は、着る方の好みやきものの種類によって異なりますが、抜きすぎたり、逆に衿が首に付くように詰まりすぎるのも見苦しくなったりしますので注意をしたいものです。

着付けの際は、正面からだけでなく、衣紋の抜き具合を見ながら横の姿も確認すると良いと思います。

格の高いきものは衣紋を多めに抜き、おしゃれ着は衣紋を詰め気味にするのが基本になっております。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.