Blog

体型補整のポイント

今回は、着付けの際の体型補整のポイントについて書きたいと思います。

着付けの際に覚えておきたい体型を整えるポイントはウエスト、肩、胸、ヒップです。

ウエストは、体の脇に厚みを付けることが目的になります。
タオルや補整具を使って行います。タオルであれば、横に2~3等分に折りたたみ巻いて使います。また、吸湿性のある市販品の補整具を利用して補整します。

肩は、鎖骨やバストとのきれいなラインを保つことが目的です。
ガーゼ、コットンや日本手ぬぐいを使ったり、市販の補整肌着を使ったりして補整を行います。

胸は、ふくらみを押さえるために和装用のブラジャーなどを使って補整します。

また、ウエストとヒップトップの間にくぼみがある場合は、お太鼓のたれが上がりやすいので補整が必要となります。

きものを着る場合、洋服とは違って体のラインが出ないようにすることが特徴です。これらの補整については、手持ちの布を使ったり、市販の肌着を利用するなどの決まりはありませんが、楽にできる方法を選んで行います。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.