Blog

西陣織ができるまで【紋意匠図(もんいしょうず)】

今回は、西陣織の紋意匠図について書きたいと思います。紋意匠図は、経糸と緯糸の組み合わせを考えた設計図のことです。織物の設計図は、紋意匠図と呼ばれております。図案の模様(正絵(しょうえ)という)を方眼紙に拡大して描きます。その際に経糸で表す部分と緯糸で表す部分を方眼紙のマス目ごとに塗り分けていきます。絵心と織りの知識がないと出来ない仕事です。参照 「きものの基本」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.