Blog

西陣織ができるまで【原糸(げんし)】

今回は、西陣織の原糸について書きたいと思います。西陣織は、上質な絹糸で作られます。昔は京都でも絹糸が作られていたそうですが、現在は国内外の養蚕地から絹糸を仕入れています。絹糸は、撚りをかける前の原糸です。経糸、緯糸、縫い取り糸(模様を出すための糸)など、用途によって撚りのかけ具合が違ってくるそうです。撚りの回数、撚りの加減などは機屋さんの指示によって必要な糸の準備をしていきます。参照 「きものの基本」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.