Blog

葛布(くずふ)の素材について

今回は、葛布の素材について書きたいと思います。葛布は、マメ科の蔓性多年です。葛の木から蔓の繊維を紡いで、灰汁(あく)で煮て柔らかくして細かく裂いて糸にします。それを織り上げて布にしたものです。葛布は光沢があり、非常に美しくみえるため江戸時代には多くの人々の衣服として使われておりました。生産量は、年々減少していますが、今でも静岡県掛川市では葛布作りが行われており、帯や草履、バックなどに使われております。参照 「きもののたのしみ」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。   

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.