Blog

芭蕉布を織るための糸

今回は、芭蕉布を織るための糸について書きたいと思います。芭蕉布を織るための糸は、沖縄特産の糸芭蕉の茎の繊維から作られます。産地としては沖縄本島北部の大宜味村喜如嘉(おおぎみそんきじょか)が有名ですが、明治時代以前の沖縄では、どこの家にも芭蕉の畑があったといわれています。糸芭蕉は、バショウ科の多年生草本で、幹の切り口は25~27枚の輪層になっております。この幹の外側から4種類に分けて糸が取られています。帯地には2番目の『ナハウー』と呼ばれるもの、きもの地には最も上質な3番目の糸の『ナハグー』が使われております。参照 「きもののたのしみ」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。   

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.