Blog

琉球紅型ができるまで【型置き】

今回は、琉球紅型の型置きについて書きたいと思います。型紙ができたら模様を写し取る『型置き』をします。長い板に白生地を貼って型紙をのせてヘラで糊を塗って柄を写し取っていきます。型紙をはがすと糊のついていない模様の部分だけが白く浮かび上がってとてもきれいです。型彫りをするときの小刀は、竹の箸にカッターナイフの刃をつけたものを使います。型紙の下に敷くルクジュウという台は、なんと沖縄の豆腐を乾燥させて作ったものです。参照 「きものの基本」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.