Blog

琉球紅型ができるまで【仕上げ】

今回は、琉球紅型の仕上げについて書きたいと思います。糊を落とした生地を1枚ずつ干して乾かします。その後、最終的な確認をして出来上がります。長い時間と多くの人の手を経てようやくきものや帯が完成します。こうした作り手の細かな仕事ぶりを思うといつまでも大切に着てほしいと願わずにはいられません。こうした日本の文化伝統を守りつつきものを着て大切にして頂きたいものです。参照 「きものの基本」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.