Blog

木綿の素材について

今回は、木綿の素材について書きたいと思います。木綿は、綿花を糸状にして手紡ぎや紡績(ぼうせき)した糸で作られています。綿の木は開花後に結実して、そののちに実がはじけて白い繊維があふれ出ます。これを綿花(めんか)(コットンボール)といいます。この綿花から紡ぎ上げた糸で織られた布が木綿です。柔らかで温かく、染着性にも優れた木綿は、江戸時代には全国に普及したそうです。吸水性、弾力性、伸張性、保温性に富んでいるなどの多くの利点があります。参照 「きもののたのしみ」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。   

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.