Blog

家蚕について

今回は、最も一般的な家蚕について書きたいと思います。卵から孵化した蚕は、休眠と脱皮を4回ほど繰り返しながら桑の葉を食べて成長して、体内でセリシンとフィブロインを主成分とする絹タンパク質を作ります。五齢(ごれい)の熟蚕になると液状の絹タンパク質を自分を包み込むように∞字状に糸を吐き始めて繭を作ります。その後、蚕は繭の中でさなぎになり、さらに蛾(が)になり繭から出てきます。そして、交尾のあとに約500粒の産卵をして一生を終わります。このように蚕は、幼虫から成虫へと完全変態する昆虫でライフサイクルは約1ヵ月ほどになります。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。   

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.