Blog

大島紬ができるまで【絣糸の準備】

今回は、大島紬ができるまでの絣糸の準備について書きたいと思います。絣糸を図案のようにするための糸の準備です。まず『糸繰り』をして絹糸を束にして、お湯に通した後に乾燥させます。この糸を『かせ糸』と呼び、小さな枠に巻き取りをします。次に『はえばた』といって糸の長さの準備をします。作品に合わせて経糸の長さを測ります。反物の長さは12.32cm以上、幅が34.8cm以上と決められているそうです。次に『糊はり』をします。経糸と緯糸をそれぞれまとめて、『いぎす』という海藻などをつけて日光で十分に乾かします。その乾かした糸がこちらです。

photo:01


こちらは、絣糸作りにこの後の工程で使われます。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.