Blog

大島紬ができるまで【柄の設計(図案)】

今回は、大島紬の柄の設計についてご紹介させていただきます。

こちらの柄の設計のことを図案といいます。
この図案は、大島紬を作るためのいわば設計図です。
ここでは、柄や色合いを設計します。斜めの線は描けないので方眼紙のようなもので作ります。

こちらは、大島紬の下絵から図案作りまでの説明です。
 

こちらは、大島紬の図案の説明です。

 

このように大変な手間をかけて作られていきます。
緻密ですばらしい技術を残して生きたいですよね。
これらの説明を聞くと大島紬の見方も少し変わるのではないかと思います。

奄美大島の島の人たちの思いを多くの方に知っていただいて日本の伝統文化を残して生きたいものです。

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.