Blog

名物裂(めいぶつぎれ)文様

今回は、名物裂文様について書きたいと思います。

名物裂文様は、室町から桃山時代にかけて中国やインド、中近東の国から渡来した染織品の文様です。時代裂ともいいます。

主に茶道の世界で珍重され、茶道具や掛け軸などに裂の形で使用されました。

鑑識眼のある大茶人たちを惹きつけた模様だけに洗練された印象と格調のある文様です。

名物裂文様のひとつとして有栖川(ありすがわ)、

photo:01


荒磯(あらいそ)などがあります。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.