Blog

京友禅ができるまで【色挿し】

今回は、京友禅の色挿しについて書きたいと思います。

手描き友禅は模様に色を挿します。
『糸目置き』の工程のときは、糸目糊で模様の輪郭が描かれていますが、その模様の一つ一つに刷毛や筆を使って色をつけていく作業です。

色挿しに使う基本染料は約20色でこれらを調合して独特の色を作ります。
訪問着の場合は、30種類以上の色を使うといいます。色を作ったら別の生地に試し染めをします。

糸目糊で引かれた線の中に一つずつ色をつけて行きます。最初は白を挿し、続いて淡い色から濃い色へと順番に色を挿して行きます。

色挿しが終わったら再び『蒸し』と『水元』を行います。

参照 「きものの基本」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.