Blog

京友禅ができるまで【糸目置き】

今回は、京友禅の糸目置きについて書きたいと思います。下絵が描かれた生地は、友禅染の最大の特徴である「糸目置き」の工程に移ります。細い筒の中にのりを入れて指先で搾り出すため、糸のように細い線が描けます。こうすることに」よって染料がほかの色と混ざらないようになります。いわゆるこの糸目置きが防波堤の役目をして色と色の境目を作ることができるのでほかの色と混ざらなくなるのです。友禅染が鮮やかな色を何色も使い分けられるのは、この作業があるからなのです。参照 「きものの基本」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.