Blog

京友禅ができるまで【地染め】

今回は、京友禅の地染めについて書きたいと思います。地染めの準備工程の『糊伏せ』や『地入れ』を行った後に地染めをします。地染めは、引き染めともいいます。鹿の毛で作られた刷毛(はけ)を使ってきものの地色を一気に染めていきます。仮仕立てしたものを一枚の布に戻してから地染めをします。地染めは数回行い、染め重なるほど深みのある色になります。地染めは、乾燥が大敵ですので、打ち水をして湿度を保っています。色むらにならないためには、スピードが勝負です。ダイナミックに、かつ繊細に刷毛を使ってあっと言う間に一枚の長い生地が鮮やかな色に変身していきます。参照 「きものの基本」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。 

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.