Blog

京友禅ができるまで【下絵】

今回は、京友禅の下絵について書きたいと思います。下絵は、白生地に青花(あおばな)できものの模様を描く工程です。手描き友禅の場合は、模様を決めたら白生地に青花(露草の一種から採集した汁)でその模様を描いていきます。下絵を描くためには、キャンバス(白生地)が必要です。白生地の反物を染め上がりをよくするために湯通しをして幅を整えて、白生地を裁断してつながった模様を描きやすいようにきものの形に仮仕立てをして描いて行きます。参照 「きものの基本」アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。   

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.