Blog

九寸名古屋帯・織り

おはようございます。

今回は、織りの九寸名古屋帯について書きたいと思います。

名古屋帯は大正時代に名古屋で考案されたものといわれております。一般的に使用され始めたのは昭和に入ってからです。

仕立て上がりの幅が太鼓の部分で30cmです。長さは3.6mぐらいです。
結んだときのお太鼓の部分が一重太鼓になります。

photo:01


photo:02


織りの名古屋帯は訪問着、付下げ、小紋、紬など着物の格と合わせて帯を選び、幅広くコーディネートをします。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。    

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.