Blog

きものの種類と紋【黒留袖】

 今回は、きものの種類と紋の関係の黒留袖について書きたいと思います。

紋の最も格が高いのは、五つ紋で、三つ紋、一つ紋の順位低くなります。きものの種類に応じた紋の種類や数の目安にしていただくとわかると思います。

黒留袖は、既婚女性の第一礼装です。正式の家紋の染め抜き日向紋(ひなたもん)を五つ付けるのが決まりで、白の比翼(ひよく)仕立て(以前は白の下着を重ねて着ていたものを簡略化したもの)としています。紋を実家か婚家の紋にするのかは、地方や家により異なります。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.