Blog

きものの種類と紋【訪問着】

 今回は、きものの種類と紋の訪問着について書きたいと思います。

訪問着は社交の場で最も活用できるきものです。格のある古典柄であれば、染め抜き日向(ひなた)紋を付けておくと準礼装として披露宴などにも着られて重宝します。豪華な柄ゆきの訪問着なら三つ紋を付けてもよいと思います。

また、軽い柄ゆきのものや気軽に着たいものには、中陰紋(ちゅうかげもん)、陰紋(かげもん)、染め紋、縫い紋などをつけて軽めの社交着として着こなしてもよいと思います。

きものの格や紋の付け方は、柄ゆきや豪華さで判断することが大切です。
最近では、紋を付けなくても十分に活用している方が増えております。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.