Blog

きものの種類と紋【色留袖】

 今回は、きものの種類と紋の関係の色留袖について書きたいと思います。

色留袖は、TPOにより、さまざまな紋が付けられます。

格の高い柄ゆきの色留袖に染め抜き日向(ひなた)五つ紋をつけると黒留袖と同格の第一礼装となります。

染め抜き日向三つ紋を付ければ重厚な準礼装として披露宴やパーティーなどで着ることができます。(三つ紋以上は比翼(ひよく)仕立てが一般的です)

また、染め抜き日向一つ紋なら訪問着感覚の社交着として幅広く活用できます。

柄ゆきによってより気軽に装いたい場合は、中陰紋(ちゅうかげもん)、陰紋(かげもん)、縫い紋を付けたり、染め紋でしゃれ感を加えることもできます。

参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.