Blog

きものの文様【鰹縞(かつおじま)】

今回は、きものの文様の鰹縞について書きたいと思います。

鰹縞は、鰹の体色が背から腹にかけて段々薄くなっていくように濃い色から薄い色に変化を付けた縞文様のことです。
縞模様が段々と濃い色から薄い色になりグラデーションになっています。

photo:01


参照 「きものの基本」 アシェット婦人画報社

東京きものには、振袖・呉服をお求めに埼玉 草加 越谷 春日部 吉川 松伏 八潮 川口 鳩ヶ谷 三郷 さいたま 岩槻 浦和 大宮 杉戸 幸手 久喜 鷲宮 白岡 宮代 栗橋 大利根 加須 東京 足立区 茨城 古河 猿島 境 五霞 千葉 野田 関宿 流山などのお客様がご来店頂いております。  

アーカイブ

Copyright © 2018 tokyokimono.